散歩する侵略者

散歩する侵略者

散歩する侵略者

夫が行方不明になり、数日後、地球を侵略しにきた宇宙人(以下、「侵略者」)に乗っ取られて帰ってくる、ところから話が始まるSF作品。侵略者は、『概念』を人から奪うことで地球侵略を進めるのだけど…

個人的には、それよりも、ストーリー全体を通して、この作品の主人公である夫婦 長澤まさみと松田龍平の演じる夫婦愛の形が美しいなぁ、と

思ったら、なかなかズドーンとテンションが落ち込んでしまうようなラスト。この星に救いはあったのだけど、主人公には救いがないというか…。

また、話中、侵略者が人から特定の概念を奪ってしまい、その概念が消えたときの人の行動を目にすることになるのですが、それによって逆に、その概念自体の存在の重み・ありがたみが感じられました。

ラストの救いの無さにダウナーな余韻に浸りつつ、いろいろと考えさせられるところはあったので、なかなかに良い作品かなぁと思いました。

・・・

あらすじや作品の情報は下記記事が詳しいです。

www.monkey1119.com