$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

INFINI / インフィニ

INFINI/インフィニ(字幕版)

INFINI/インフィニ(字幕版)

  • メディア: Prime Video

ラストに新規性を感じた。いろいろ残念に思う点もあるのだけど、見てよかったと思う。

事前に確認した評判は芳しいものではなかったのだけど、この作品をアリと感じてしまったあたり、自分はSF作品に対してはわりと無条件に好きなのかもしれないと思った。

以下、ネタバレを含む感想。

ところどころ、というか、全編を通して最後まで、演出?というのか表現方法がわかりにくい(「自分は今、何を見ているんだろう…」と思わされる)箇所があった。

妙にひねった表現がされている感じ。監督の癖なのだろうか。

・・・

ラストまで、謎の異星人(アメーバ)に調査員が意識ごと体を乗っ取られていって、どんどん減ってゆき、ついには主人公までやられてしまうのだけど、

最後の最後に異星人に対して送ったメッセージが契機となって、主人公たちを修復して地球に送り返す。という流れが斬新だった。

この手のSF作品だと、意思疎通の出来ない異星人とは分かり合うこと無く終わる作品が多いように思うのだけど、この作品のように分かりあえる?可能性もたしかに有り得るなぁと。

いや、まぁ実際のトコロ分かりあえたのか謎な終わり方だったのだけど…(このあたり曖昧なまま終わったので、トロイの木馬的に何か仕込まれている可能性もなきにもあらず…。)

・・・

全体的にホラーテイスト(すごく「DeadSpace」ぽい感じ)だったのに、ハッピーな『分かりあえる』という、最後の展開はミスマッチな気もするし、うーん、なんかこう解釈にこまるというか判然としない感じはする。

もっとストレートに、分かりあうこともできる、というところに落とし込めばよかったのではと思ってしまうのだけど…、

やっぱりこの監督は、ひねりすぎる癖があるんじゃろうか。