$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

ライフ

ライフ (吹替版)

ライフ (吹替版)

  • 発売日: 2017/09/20
  • メディア: Prime Video

SFスリラー。ISSという密閉空間内で、6人と宇宙飛行士と1体の宇宙人とが生存をかけた戦いを繰り広げる。というか、人類側は一方的に追いやられるのだけど…。

グロは抑えめなのだけど、終始怖すぎて(精神にジリジリくる怖さ)で、2,3回見るのを中断した。

「FGOの『異星の神』もこんな感じかなー」と明後日の方向に気持ちを飛ばすことで無事見終えることが出来た。

・・・

個人的に頂いている宇宙飛行士に対するイメージ

「冷静さ」と「情熱」を兼ね備えていて、「個々の能力が高く」「チームプレーもでき」、「人間的にもできている(人格面で優れている)」

が見事に体現されていて、なんかこう、グッと来るものがあった。みんないわゆる「良いやつ」だっただけに、宇宙人にやられていく姿は胸を抉られる感がやばかった。

・・・

巷のレビューを見ると「上品過ぎる」との指摘もあったのだけど、ほんと上品なスリラーという感じだった。

別段悪い意味ではなく、人が恐怖を感じるポイントを要所要所でキッチリ抑えていて、音楽・映像ともハイレベル、登場人物たちも一人ひとり無駄なく役回りが与えられていてキャラが立っていて良かったので、1つの映画作品として良作だったように思う。

あえてダメ出しするなら、極めて限られた空間内で一人ひとりが明確に役割があるので、わりと展開を先読みしやすい、というところだろうか。個人的にはアリなのだけど、巷のレビューで評価が低いのは、このあたりが原因かなぁとも思う。