$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

(マンデリン)NAKAZAKI COFFEE

f:id:d_ymkw:20200216110700j:plain

先日購入したうちの1つ。インドネシア オーガニックマンデリン。

説明書きに「ガヨ アラビカ」とあったので「インドネシア スマトラ島北部のアチェ特別自治区ガヨ地区」のアラビカ種。中浅。

f:id:d_ymkw:20200216110724j:plain

ぱっとみて、豆のサイズにばらつきがあるのが気になった。(規格よりサイズの大きな豆が混じっていると考えれば、まぁ…)。また、おそらくはそれに起因している(豆のサイズが均一でないと焙煎度合いがコントロールしづらいため)と思うのだけど、焼きムラが見えるような、見えないような。

浅煎り~やや深煎まで多段階の豆がブレンドされていて、随分手間がかけられたアフターブレンドのされ方だなぁと思った。

f:id:d_ymkw:20200207111449j:plain

浅煎りの焙煎豆からはグレープフルーツを思わせるような柑橘系の香りがしたようなしなかったような。

なんとなく『浅煎りのみだと酸味が出すぎるので、酸味を抑えめに苦味とのバランスをとるために中煎り・深煎の豆を適宜ブレンドした』のかなぁと思ったのだけど、

飲んでみても複雑すぎて、よくわからないというのが正直なところ。

・・・

挽き具合をメモリ1~2の範囲で変えてみたけれど、しっくりくる挽き具合は見つけられず。

適度に酸味が感じられ、香りもあり、文句なしにスペシャリティコーヒーではあるという印象を受けた。現状では自分の好みではないという結論(もしくは、自分がうまく豆の特性を活かせてない可能性)。

・・・

どうやって飲んだものかよくわからない点が多いので、次行ったときに焙煎方法の詳細を店長に聞いてみなければ。