$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

(エチオピア ゲイシャ ゲレザG3) だるま珈琲

f:id:d_ymkw:20200301184048j:plain

スポットで入荷されたので取り置きしていただいた。エチオピア ゲレナ農園 ゲイシャG3 ナチュラル。

f:id:d_ymkw:20200227141916j:plain

マスターがモカっぽいという評価をしていたのだけど、苦味より酸味が強く、柑橘系の香りの良さが際立っている点でモカっぽいといえば、モカっぽい。(このあいだ飲んだイルガチェフェに近い気はする。)

モカと焙煎豆を比べてみたら、たしかによく似ていた。ちょっとゲイシャのほうが丸いかなぁくらいの差。品種が違うにしてはよく似ている感。

G3グレードに分類されているのが不思議なくらい個性的な香り。かなり強烈な柑橘系のフレーバーで、神経を尖らせるとレモンっぽい香りも感じられる。

チョコレートと食べ合わせると、コーヒーの甘さが引き立つ感じだった。

f:id:d_ymkw:20200301184055j:plain

だるま珈琲の焙煎にしてはかなり浅煎り(ハイロースト~シティローストあたり)。

浅煎りになるほど、焙煎時に焼き加減にムラができやすくなるようで、焼ききれずに捨てる豆も増えるしで、コントロールが難しいとのことだった。ムラができる原因は、おそらくは豆の水分含有量のばらつきによるところが大きいのではという話だった。

f:id:d_ymkw:20200301184313j:plain

だるま珈琲で淹れてもらったときの引き具合に合わせて、やや粗挽きに(5クリック)。

f:id:d_ymkw:20200301184309j:plain

自宅でも、手軽に柑橘系のフレーバーを楽しめて嬉しい限り。