$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

ワインことはじめ

f:id:d_ymkw:20191210090444j:plain

ちょっとしたきっかけで妻とワインを飲み始めた。

ファルケンベルク マドンナ リープフラウミルヒ 2017

f:id:d_ymkw:20191210090448j:plain

とりあえず飲みやすいのから入ってみようということで、学生時代、酒屋でバイトしていたときに飲み比べた中で、いちばん飲みやすかった印象があるドイツワイン「リープフラウミルヒ」を買ってみた。

デパ地下の1コーナーで探したら、ハーフボトルのリープフラウミルヒはこれしかなかった。

『甘いジュースみたいなワイン』という印象だったのだけど、ふつうに白ワインだった。久しぶりに再開したリープフラウミルヒは、甘口辛口で言うなら、やや甘口かなぁ…というくらい。

別に甘くはなかった。

スパークリングワインの方がよほどジュースっぽいかも知んないと思った。歳を重ねて味覚が成長したのだろうか。そう思いたい。

飲みやすく、さくっと妻と一本開けたのだけど、嫌な良い方はしなかったので、良いアルコールだった模様。

プティモンテリア ルージュ

f:id:d_ymkw:20191210091305j:plain

白ワインが思いの外飲めたので、赤ワインも試してみたくなり、ドラッグストアに寄った際に、手頃なハーフボトルを1缶。

コンビニでも売っている商品らしい。

f:id:d_ymkw:20191210091309j:plain

第1印象は最悪で、

『うーん…。美味しいのかなぁ、よくわからん。赤ワイン自体好きじゃないのかも』

という感じ。

赤ワイン=肉、というイメージなので、冷蔵庫にあった無添加ウインナーと食べ合わせてみたけれど、いまいちで

『自分はやっぱり赤ワインが好きじゃないのかも』

と思ったところに、妻と長女がお土産を持って帰ってきた。

f:id:d_ymkw:20191210091315j:plain

お肉屋さんの焼豚。

この組み合わせがヤバかった。

焼豚単品でも、噛めば口の中にジワッと肉の旨味が広がって美味だったのだけど、さらに赤ワインを口の中に流し込むと、口の中で果実の豊満な香りが広がり、ワインが肉と溶け合って絶妙のハーモーニーを醸し出し、いくらでも食が進むかのように錯覚した。

改めて思うに、肉の旨味で赤ワインの渋みが消えたのだろうか…。おそらくは何らかの化学反応が進んだのだと思われるのだけど、一度ちゃんと調べてみなければ。

赤ワイン+良い肉の組み合わせはマジでヤバいと学んだ。

ルロワへのあこがれ

赤ワインといえば、酒屋でバイトしていたときに、ボジョレーヌーボーの飲み比べをしたことがあるのだけど、

そのときのメンバーが、『唯一、これは飲める』と評していたのが、ルロワだった。「さすがルロワ」みたいなことを言っていた記憶が蘇ってきたので、改めて調べてみたのだけど…

ボジョレーヌーボーとしては美味しいとしてもこの価格なら、ふつうにワインを買うなぁと…つい思ってしまったのだけど

いや、このボジョレーヌーボーを楽しめる(ボジョレーヌーボーというお祭りを楽しめる)、そんな大人に私はなりたい。

www.enoteca.co.jp

そして、ボジョレーヌーボーじゃないルロワのワイン、高すぎワロタ。これに手を出す頃には、自宅にワインセラーがありそうだ…(ナイナイ