$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

『マクロ撮影完全マスター 学研カメラムック』を参考にマクロ撮影

f:id:d_ymkw:20200611183357j:plain

マクロレンズをもっと上手く使いこなしたいと思い『マクロ撮影完全マスター 学研カメラムック』でマクロ撮影を勉強していたら、自分の手でマクロ撮影したくなったので、本の中の作例を参考に庭のバラを撮影してみた。

マクロ撮影完全マスター 学研カメラムック

マクロ撮影完全マスター 学研カメラムック

  • 発売日: 2015/03/02
  • メディア: Kindle版

通常のレンズで撮影できない撮影倍率(等倍近く)になるまで寄って寄って寄りまくるのが肝かなぁ。

肉眼では見えなかった綺麗なものが見えてくるのが楽しい。

f:id:d_ymkw:20200611183353j:plain

f:id:d_ymkw:20200611183400j:plain

f:id:d_ymkw:20200611183408j:plain

f:id:d_ymkw:20200611183411j:plain

f:id:d_ymkw:20200611183414j:plain

f:id:d_ymkw:20200611183419j:plain

なかでも水滴をとるのは楽しいなと。

ベタに水やり後に撮影したり、奥の手で、スポイトで水滴を足したりと、工夫次第で写真を作り込めるというのも良き発見だった。

本には載ってなかった話だけど、調べてみると最近では、撮影用のLEDライト(定常光)でスポット光を足す、という技もあるらしい。定常光ならストロボと違い、仕上がりのコントロールが容易だし、アリだなぁ。