$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

HELLO WORLD

HELLO WORLD

HELLO WORLD

  • 発売日: 2020/03/08
  • メディア: Prime Video

誤解を恐れず言うなら、新海誠作品における「君の名は」的ポジション*1の野崎まど作品。従来の野崎まど作品よりとっつきやすい(気がする)。

けっこうコアな「SF」、「冒険」、「青春」がいい感じにまとめられた作品という印象。以下、ネタバレ。

・・・

世界が2重底になっているSF作品というのはよくあるのだけど、

この作品は、世界が3重底になっているおかげで、主人公とヒロインが2重に相思相愛になっている。これに気づいたとき、ちょっとホッコリした。

難を言えば、世界が3重底になっていることの説明は終盤まで一切なしに、一気にラストで2重底の世界に関する今までの謎解きと同時に畳み掛けられるので、

ラストに映像でパッと一瞬、一番外側の世界が出てくる(主人公を助ける大人のヒロインが出てくる)っていうのは、少なくとも自分は理解が追いつかなかった。

後半、というよりクライマックスシーンが情報量を詰め込み過ぎ&駆け足過ぎなので、もうちょっと丁寧に描写(表現・演出)してほしいなと感じた。

・・・

のだけど、

今までの野崎まど作品で見られた『話のたたみ方に難あり』感が確実に改善されているので結果的に好印象。

野崎まど氏の次作に期待が膨らむ。

*1:ニッチな層向けの作品を作られていた方が、大衆向けに作品の方向性を調整して出してきた雰囲気