$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

オンラインで楽器を演奏するのに向いたソフトウェアと必要機材のメモ

f:id:d_ymkw:20200412185532j:plain
妻が作成した「ペーパーナノ」という紙工作。パない

オンラインで音楽演奏・レッスンをする方法について調べたメモ。必要性がなくなったので実際の検証はしていないので参考程度に。

結論

  • レッスンの場合: Skype
    • ○ ビデオ電話可能。お互い顔を見れる。
    • ◎ 他のソフトウェアより、音質が良い
    • △ ほどほどの遅延
  • 同時に演奏(セッション)をしたい場合: NETDUETTO
    • ※ セッションをするならこれ一択
    • ✗ ビデオ電話不可。音のみ。
    • ○ 音質良好
    • ◎ 他のソフトウェアに比べて、遅延が最も少ない(セッション用に最適化されている)
  • ライブ配信する場合: YouTube
    • とりあえずアカウントがあれば配信は簡単にできるっぽい
    • よくわからない。わからないことは「YouTuber」を検索キーワードに加えて検索すれば、たくさん資料が見つかる(はず)。

f:id:d_ymkw:20200412192406j:plain

必要機材

NETDUETTO を使う場合

  • PC (必須)
  • USBオーディオインターフェース
    • 遅延をなくすためにASIO対応のデバイスが必要
    • ベリンガーのU-PHORIAシリーズが安価
    • ASIO4ALLを使えばオンボードのサウンドチップでも大丈夫、かもしれない(未確認)
  • マイク
  • 光回線・有線LAN (ほぼ必須)

設定方法が複雑なので、有志の方が作成されている下記マニュアルの参照をおすすめ。

ライブ配信する場合

  • HDMIキャプチャユニット
    • 一眼カメラを用いて、映像を撮りたい場合に必要
    • カメラからHDMI出力された映像をPCに取り込むための機材
    • AVerMediaの製品とかよさそう?
  • マイク
    • 音質が大きく変わるので、(1万円以下で構わないので)評判の良いものを