$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

Birds of Paradise Gewürztraminer

f:id:d_ymkw:20200224211128j:plain

アンダー1000円の安ワインだったので、あまり期待してはいけないとは思いつつ、「ゲヴェルツトラミネール」種の白ワインとなれば、あの桃のような甘い香りがするのではと期待して購入。

以前に飲んだアルベルト・グラス ゲヴェルツトラミネール シュペトレーゼのような強烈に甘い香りはなく…

辛口の白ワイン(フルーティな香りがわずかにするかなぁ)、という印象。

Birds of Paradise Gewürztraminer 2018

f:id:d_ymkw:20200224211132j:plain

■ 名称:バーズ・オブ・パラダイス ゲヴェルツトラミネール 2018
■ 原語表記:Birds of Paradise Gewürztraminer 2018
■ 生産国:チリ
■ 品種:ゲヴェルツトラミネール

色:

f:id:d_ymkw:20200224211140j:plain

澄んだ黄金色。淡い。

香り:

  • アタック
    • わずかに甘いくらいのマスカットかなぁ。
  • スワーリング後
    • 特に変わりなく
  • アフターフレーヴァー
    • アフターフレーヴァーは、果実の香りが飛んで、エチルアルコール臭だけがやや長く残る。(化学部で部活をしていた頃に幾度となく嗅いだ香り…。)

味:

  • (1. アタック
    • やや刺すような酸味。辛口。甘みはあるようなないようなといったところ。
  • (2. 酸味と甘味のバランス、全体の構造
    • 口の中で転がすと、苦味を感じる。
    • 冷えた状態でさっと流し込む分には、酸味と甘味のバランスも悪くないように感じられた。

f:id:d_ymkw:20200224211143j:plain

それはともかく、牡蠣と白ワインの組み合わせは良いなと思った。