MENU

Chateau Pierre-Bise Anjou Villages Sur Schistes 2014

f:id:d_ymkw:20200203160648j:plain

妻の誕生日祝に少し特別なワインを、とお店の方に見繕っていただいていたものを開けてみた。

Chateau Pierre-Bise Anjou Villages Sur Schistes 2014

マジで『腐葉土の香り』。例えるなら、ホームセンターの肥料コーナーの香り。

開けた瞬間、『えっ、なんでこれ勧められたの…(飲めるのかこれ??)』ってなったのだけど、実際に飲んでみたら美味しくて、2度びっくりした。

f:id:d_ymkw:20200203161952j:plain

瓶自体に凹凸が作られていて、丹精込めて作られている感がすごいなこのワイン、って思った。(※ ワインの価格自体はそんなに高くない)

f:id:d_ymkw:20200203162415j:plain

キャップシールも、今までに飲んだものより凝った作り。

■ 名称:シャトー・ピエール・ビーズ アンジュ・ヴィラージュ シュー・シスト 2014
■ 原語表記:Chateau Pierre-Bise Anjou Villages Sur Schistes 2014
■ 生産国:フランス
■ 生産地:Anjou Villages, Loire (AOCアンジュ・ヴィラージュ)
■ 生産者:Chateau Pierre-Bise
■ 品種:(?)70% Cabernet Franc, 30% Cabernet Sauvignon

色:

f:id:d_ymkw:20200203162643j:plain

周縁部はオレンジがかった色。いい感じに熟成してそうな色。

光に透かすと混じりけのない澄んだ濃い紫。

香り:

  • アタック
    • 腐葉土。マジ腐葉土。
  • スワーリング後
    • やっぱり腐葉土。ぶどうっぽい香りもするような…。でも、やっぱり腐葉土の香りが強い。
  • アフターフレーヴァー
    • 僅かな甘みを感じるぶどうのような香り、と思いきや、やっぱり腐葉土。

味:

1日目
  • (1. アタック
    • 極めてまろやかで、ボリューム感を感じる。
  • (2. 酸味と甘味のバランス、全体の構造
    • 酸味と甘味、タンニン?が、完璧に調和して、実に赤ワインな感じでありながら、すっきりと飲めてしまった。
  • (3. タンニンの性質
    • 苦味は皆無。

f:id:d_ymkw:20200203164925j:plain

大阪駅直結のルクアB2F「キッチン&マーケット」で試し買いしたチーズいろいろ。1個50円ほどと買いやすい価格が嬉しい。カップに入っているのは、上からクリームチーズとゴーダ。

個包装のものは、一般受けを意識してかどれも香り弱め・個性弱めで、食べやすいけれど物足りない感じだった。

カップのものは、ほどよくチーズの個性が出ていて、クリームチーズは特に好みだった。かなり押しが強い今回のワインとも、よく合った感じがした。

f:id:d_ymkw:20200203165614j:plain

パンチェッタ スライス。適度な塩味で、そつなく合う感じがした。

ところで、「パンチェッタ」って生ハムのことかと思っていたのだけど、「豚バラ肉の塩漬け」のことらしい。生ハムとは別物の模様。生ハムは、ももやロースなどバラ以外の部位を使用したものをいうらしい。

参考記事: パンチェッタはベーコン?生ハム?仕入れ担当者の疑問に答えます! - 食らぶ市場 - 仕入れ・卸売・通販

f:id:d_ymkw:20200203170212j:plain

2日目

コルクをせずにラップで包んで雑に野菜室保管したところ、悲しくなるくらい酸化してしまい、酸味が強くエグい感じになった。切ない。

氷で急冷したところ、香りがかなり抑えられてしまうものの、酸味が消えて1日目に近い感触に。

チーズの他、

なとりのイカフライが思いの外、いい感じに合った。レモンのような酸味が口に広がる感じ(謎い)。

なとり いかフライ 5枚×10個

なとり いかフライ 5枚×10個

  • メディア: 食品&飲料

シメに、セロリ&マヨネーズとの組み合わせが良かった。野菜スティック最高では…。(セロリ&ドレッシングは、口の中でいろんな味が喧嘩しあって騒がしい感じだった)