ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer, ケイゾク/特別篇~死を契約する呪いの樹

ドラマのケイゾクに似た構成が1つになったかのようなストーリー構成。後半からSF要素(朝倉)が入ってきて難解になる。

難解というか、予備知識・補足資料なしに理解不能なのだけど…。

この作品自体が、SPECシリーズの物語の背景を知るための手がかりの1つという感じなので、この映画単体が面白いか面白くないかはもはや問題ではない気がする。

・・・

考察・解説記事を調べて、話の整合性を考えたりと、わりと楽しめた。

・・・

調べていくうちに、この映画の前日譚(時系列的に、ドラマシリーズと映画との間)にあたる、ドラマの特別回があることが判明。

すかさず視聴。

朝倉がわりと、朝倉朝倉していた。

・・・

朝倉、FGOというかfateでいうところのアンリマユだろうか…。

人類の悪意の総体が意識をもったもの(悪意という抽象概念の集合体)みたいなファンシーな存在に思えたり。

それが一人の人間に乗り移ったのがドラマで人として出てきた朝倉、なのかなぁ。

・・・

SPECサーガのsick's が完結したようで、結論は出ているっぽいのだけど、

微妙との評判を目にしてしまい、この朝倉の真実が判明するに違いないという淡い期待がいつまでも続くように、見たくもあり見たくもなくもある。

・・・

実際には終わらないっぽい?

news.yahoo.co.jp