$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

デットマウント・デスプレイ 6巻

マンガUPでぱらぱら読んでいたら、だんだん面白くなってきたので、最新刊購入。

序盤のうちは登場人部も少なく、なんかこう、壮大な世界観に対してスカスカな印象を受けたのだけど、

登場人物が増え、舞台背景が明らかになるにつれ、どんどんおもしろくなってきた。

成田良悟氏は、やはり群像劇の描写が上手いなぁ。