トランス・ワールド

説明しづらい作品なのだけど、ものすごい良かった。箱庭の中で、数名の登場人物だけで、ストーリーが進む作品なのだけど、

前半ひたすら「???」が続いて、中盤から加速度的に真実が明らかになって、前半で広げられた風呂敷がきっちりカッチリ綺麗に畳まれていくストーリー展開が凄かった。

完成度の高さ(脚本など全体的な骨組みはもとより、小道具など細部に至るまでの無駄の無さ)が秀逸。