$* nyme .^.^.0

なにかのmemoだったような気がするブログの残骸。ただひたすらに日々の雑記。

茄子 アンダルシアの夏・スーツケースの渡り鳥

ジブリ風のゆるいパッケージとは裏腹に、

ガチなロードバイクものの映画で、レース描写の迫力、登場人物の葛藤が丁寧に描かれているのがグッと来た。

めっちゃ良かった。

弱虫ペダルのような第1線でトップ争いを行うヒーローが主人公、ではなく、主人公が『プロだけど煮え切らない』という絶妙なポジションなのがなんかグッと来た。

続編のスーツケースの渡り鳥も良作だった。

なんとなくだけど、想定されている視聴者層は『超すごいわけではなく夢を諦めかけている中年』あたりがメインのターゲットじゃなかろうか。