$* nyme .^.^.0

なにかのmemoだったような気がするブログの残骸。ただひたすらに日々の雑記。

■サイクルショップ 俺Style@大阪で洗車

f:id:d_ymkw:20171228165736j:plain

1年の汚れを落とすべく、いつもお世話になっている俺Styleさんで自転車の洗車をお願いした。

洗車を越えた洗車

俺Styleの店長から『過去にプロチーム TEAM MATRIX POWERTAG (マトリックス パワータグ)のレース専門メカニックを務めていた』という話を伺ってから、1度店長の洗車技術をみたいと思っていたのだけど、

以前に洗車をお願いしたときは『まだ汚れも少なく綺麗なので勿体無いです』とのことで断られてしまったので、

年の瀬にかこつけて、洗車を無理やりお願いした。

f:id:d_ymkw:20171228165751j:plain

f:id:d_ymkw:20171228165805j:plain

汚れ落とし→水洗い→乾拭き→WAX仕上げと、めちゃくちゃ手際よくすごい速さで終わった。

f:id:d_ymkw:20171228165817j:plain

スプロケがピカピカ!!

新車のときよりフレームがピカピカになって歓喜。

ウィリエール創業110周年記念モデル Zero.6

f:id:d_ymkw:20171228165550j:plain

洗車待ちの間に、店長所有のWillier Zero.6 (創業110周年記念モデル;世界に数台?)に試乗させて頂いた。

www.cyclowired.jp

『自転車に乗っていない感覚になりますよ』と言われて頭のなかに『?』がたくさん浮かんだのだけど

道路を走ってみてわかった。

『これ、マジであかんやつや…』

ロードバイクのフラッグシップモデルって、比喩で『魔法の絨毯』と呼ばれたりするのを耳にするのだけど、まさにそれ。

路面の凹凸をしっかり手のひらで把握できるのに、全く体が痛くならない&フレームが跳ねない。

ふだんの感覚でギアを回したら、気づいたらトップギアに入ってる驚異的な軽さ。

手が出ない価格と分かっていてさえ、これは欲しくなる…。

ヤバイ世界を垣間見た。