$* nyme .^.^.0

なにかのmemoだったような気がするブログの残骸。ただひたすらに日々の雑記。

■オーダースーツを頼んでみた

f:id:d_ymkw:20180125150112j:plain

社会人としての自覚に目覚めた(遅い)ので、とりあえず安くていいので、自分の体型にピッタリのスーツスタイルを作ろうと思ったのだけど、

実際に生地やサンプルを見て触ってみたら、価格と生地の質感とが比例しすぎていたので、

担当の方に納得がいくまで事細かに説明して頂いた上で、妥協せずに生地から細々としたパーツまで選んだら、相応の金額になった。

イージーオーダーの店の中では格安の店を選んで行ったにも関わらず、いい値段になってしまったので、『しくじった感』がなくもない(最初から高い店に行けばよかったのではという気持ちが否定できない)のだけど、*1

生地をはじめ、細部までこだわったにしては安く済んだなぁ、という気持ちもあったりで、なんとも複雑な気分。

担当の方に根気強く対応して頂けたこともあり、脳内シミュレーションでは、奇抜にならないようにスタンダードな全体像をキープしつつ、自分の好みは最大限細部に落とし込めた感(やりきった感)はある。

オーダースーツってなんぞや?というところから始まったのに、生地の違いや細部の違いまで知識をガーッと仕入れて、一気に注文までやりきってしまった。

短時間に大量の情報を仕入れたことで、頭が混乱しているのか、出来上がってくるスーツが全然楽しみじゃないのだけど、そのうち、出来上がりが楽しみになったりするのだろうか。

注文してからも色々確認がてらオーダースーツについて調べてみたけど、『初心者が陥りがちな失敗』には思い当たる点はなく、判断ミスはなかったとは思うので、めっちゃ自分に合ったスーツが出来上がってくるはずなのだけど

全然楽しみじゃない。

というか、オーダースーツを頼んだ実感がない。(※ ちゃんと控えはある)

*1:もっとも、高価格帯の店に行けば、単にさらに値段があがるだけではという気もする