$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

FGO; 虚数大海戦

f:id:d_ymkw:20201120183347p:plain

今回のイベント、全体的に難易度高めで、ストーリーは編成制限がガッツリあり、攻略方法を見出すのがパズル的で面白いなぁと思いながら遊び終えたら、最後にやってきた高難易度バトルが、かなり歯応えあった。

ストーリーバトルから高難易度バトルまで、すべてノーコンノー令呪・攻略情報なしで、最後までやりきった。『自前のサーヴァントだけで、ついにここまでこれたか』というやりきった感がある。もっとも、冷静に考えてみると特に意味はないので、次からはストーリーに合わせて令呪を適宜使おうと思った。

高難易度

どこかのタイミングで『アーツアタッカーに、マーリン&キャストリアの組み合わせって鉄壁じゃね?』と思いついて試してみたらあまりに強すぎた(スキル・宝具・カードのバランスが噛み合いすぎて、常時無敵状態になる)ので封印していたのだけど、

高難易度バトルで、敵の配置・行動パターンを見るために、初戦に楊貴妃&マーリン&キャストリアを投入してみた。

f:id:d_ymkw:20201120183358p:plain

様子見のつもりが、最後まで誰も落ちずにノーコンノー令呪クリア。

ジルが次々と、異なるクラスのジャンヌを呼び出してくるのでどうしようかと焦ったけど、フォーリナーなのでどうにかなった。クラス的に有利とはいえない状況で時間がかかったけど、勝てば官軍。アルターエゴが来ていたらヤバかった。

常時無敵とはいえ、無敵が切れたタイミングなど気を抜くとかんたんに落ちそうだったので、1T足りとも無駄にできず、2時間くらい(?)カード・スキルの選択に神経を張って、常に集中しっぱなしだった。終わったらどっと疲れた。

・・・

攻略した人のパーティ見ると、だいたいこのサポの組み合わせ(アタッカーにSイシュタルや水着武蔵)だった。

もしくは、卑弥呼+ゴッホ(orオリオン)でクリ殴りパーティ。ゴッホでのクリ殴りが、運営側の想定解かなぁ。

一段落してからTwitterを眺めていたら、W巴構成で、火傷のスリップダメージで6T攻略が上がっていて、そんな遊び方ができたのかと感心した。

それはそうと、そういえば特攻礼装凸ってなかった。どおりでえらく時間がかかったはずである…。

推しが尊い

最初から最後まで推しの楊貴妃が大活躍だった。ストーリーも読み応えあって良かったし、良き哉。

性別関係なくターゲット集中できる(無敵を貼れるので、1Tの間、攻撃を凌げる)ようになったのは大きい。

ガチャ

ストーリーが良かったので、記念に回したら、ネモが手に入った。

ゴッホは悩んだけど、活かせるパーティが組めないので、楊貴妃のガチャを回したら、宝具Lvを上げられて満足。

今回はついてた。ここ最近ひどかったので、波が来た感。