$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

岸辺露伴は動かない1,2

ジョジョのスピンオフ作品「岸辺露伴は動かない」が、高橋一生さん主演で実写化されると知り

『マジかよ!キャスティング最高すぎるだろ!』と思ってテンションが上がった勢いで読み直そうとしたら、買った本がどこにあるかわからない罠。

・・・

数年前から書籍は、基本的にKindle(電子書籍)に一本化しているのだけど、

Amazonの商品ページを見ると、購入ボタンが表示されていたので、どうもAmazonでは買ってないっぽい。

Kindleに一本化する前は、紙媒体で買うことが少なくなかったり、そのときどきでクーポンが発行されて割安になってるストア(SONY Readerとか)を使ったりしてたので、

どこにあるのか、さっぱり思い出せなかった…。

・・・

何年か前に4部を読み直してて、『岸辺露伴、最高じゃん!?』ってなったテンションで買った気がするし、『この表紙、絶対見た記憶あるんだけどなぁ』と思ったのだけど、

内容についてはさっぱり記憶がないので、買おうとしてやめた可能性もあるか、と思い至り

諦めてAmazonで買おうと1巻のページを開いたら、既に購入済みの表示が出た。

(※ マジなんでやねん!案件だったのだけど、よくよく見ると、未購入なのは「カラー版」だった模様。)

・・・

ついでに未購入だった2巻も購入。

ざっくりいうと、世にも奇妙な物語のタモリさん的ポジションに岸辺露伴が配置されているイメージの短編集。

一捻りあって、けっこうゾッとする話が多い。

・・・

ドラマは、泉京香が出てくるなら1巻メインだなと思ったら、後続のツイートに第3話までのタイトルが、公式サイトにあらすじが書かれてた。

「富豪村」は、当然これを持ってきたか、という印象。原作準拠ぽい。

「くしゃがら」は、続編の『岸辺露伴は叫ばない』(短編小説集)かららしい。未読なので楽しみ。

ラストに「D.N.A」を持ってきているのは分かる。ポイント高い。泉京香を関わらせられる要素あったっけな…と思ったのだけど、改変しつつ、あらすじを見る限り、大筋は原作に準拠してそう。どんな作品に出来上がっているんだろう?とワクワクする。

『脚本:小林靖子』は安定のクオリティが期待できる。今から年末が楽しみ。