$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

アフター・アース

アフター・アース (字幕版)

アフター・アース (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

M・ナイト・シャマラン監督の作品ということで、おどろおどろしいものを期待しすぎたのか、肩透かしを食らった気分。

子が独り立ちし、親が子の成長を見守る冒険もの。

最後まで見て、『あ、ふーん、なるほど。…。息子が成長してよかったね。おめでとう。』くらいの感想だった。

なんかこう、すこしまえに流行った『マインドフルネス』を意識した作品といわれると、そうかなぁと見えなくもない。個人的には、いわゆる『無の境地』を描きたかったのかなぁ、と思わないでもなかった。

ただ、それにしても、Amazonのレビューにもあった指摘なのだけど、「SFである必要性」「人類が宇宙に出て1000年経ち、地球は自然に帰ったという設定の必要性」が感じられない点、「めちゃくちゃハイテク装備なのに、なぜか武器が槍」な点は気になった。

いや、ほんと、これ、ちょっと特殊なクリーチャーが溢れているくらいで*1、普通にジャングルでサバイバルしているだけな感じがした。

枝葉末節といえば枝葉末節なので、目くじらを立てるほどではないのだけど、釈然としなかった。

・・・

設定の中途半端さに、『なにか原作があって、マインドフルネスを描くために思いっきり端折った』とかなのかなぁと思ったら、特に原作はなかった。

監督名を目にして、見る前から期待値が上がってしまったことを考えると、『子の自立』、『親子愛』を描いた佳作、という感じがした。

*1:そのための設定にしては大掛かり過ぎるのだけど…