$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

アップグレード

アップグレード (吹替版)

アップグレード (吹替版)

  • メディア: Prime Video
 

SF作品。Amazonレビューの評価は高すぎでは…。

 

評価の高さに期待値が高すぎたのか、見終わってちょっと残念な気分になった。(以下ネタバレ含む)

 

AIの「STEM」が黒幕っぽいことが途中から匂わされる展開なのだけど、ラストが

「本当に黒幕でした」

で終わるというあっけなさ。

 

人はSTEMの手のひらで転がされてただけでした、という事実が判明するだけなので、マジ後味悪い。

 

・・・

 

いうなれば、この作品は『AIによって人が破滅するケースの一例を映像化したよ!』みたいな作品。

うーん。それを見せられてもなぁ…、というのが正直なところ。

『AIが人間を凌駕する未来』というのは正直なところありきたりな話なので、そこから踏み込んで、もうちょっと『作品の作り手が考えるその先』とか『主張』が見たかった感がある。