$*nyme

blog of a man, by a man, for a better future

MENU

(スプリングブレンド) NAKAZAKI COFFEE

f:id:d_ymkw:20200412163854j:plain

ふだんづかい用に購入したスペシャルティコーヒー第2弾。NAKAZAKI COFFEEで、ミルクに合うものの1つとしておすすめしてもらった春季限定ブレンド。

購入銘柄について

ブレンド比率・品種は未公表。

f:id:d_ymkw:20200412164853j:plain

深煎目の豆が多めな感じ。ミルクに合うのも納得の配分。

店長の紹介文は、

今年のスプリングブレンドは 甘くてフローラル 軽やかな口当たりの 華やかなブレンドです。 甘さと香りが良く酸味は控えめです。

開封直後は、フローラルな花の蜜の香りがしたような気がした。1日経つと、フローラルの香りは薄まり、キャラメルの甘い香りになった感じ。

コーヒーノート

f:id:d_ymkw:20200412170412j:plain

No. 挽き具合 湯の温度 豆の量 蒸らし時間 抽出時間*1 抽出量 自己評価
1 5.5 90℃ 10g 30s 2min 130ml
2 6 94℃ 10g 30s 1min30s 120ml
3 6 94℃ 20g 30s 2min30s 250ml
4 6 92℃ 10g 40s 2min 130ml
5 6 90℃ 20g 30s 2min 250ml

1.

f:id:d_ymkw:20200412170402j:plain

苦味と酸味が同居する不思議な味。柔らかな酸味とでも表現したくなる。どう表現して良いかわからず。

ブラックで違和感なく飲めるので苦くはないと思うのだけど、甘いかと言われると特に、という感じ。

口の中で転がしたときに、アフターフレーヴァーに、フローラルな香りをわずかに感じられることがある。

オレにすると、ミントのような(※ミントの風味はしないので、適切な表現とは言い難いのだけど)爽やかさを感じる。後味スッキリなクリアな味。

2.

香りの中に甘みあり。ほのかな甘みという感じで、蜂蜜っぽいかなぁ。フローラルと言われるとそうかも?くらい。

味は、苦味やや強め。少し舌に残る。酸味はあるけれど、目立たない。口の中で転がすと、酸味がわかる感じ。ミントのようなクリアさのあるスッキリした酸味。

ブラックサンダーと合わせると、コーヒーの風味が隠れる。濃い味のものとは合わない感じ。

オレにすると、口の中に花畑が広がるような、不思議なクリアさ。

3.

f:id:d_ymkw:20200412170437j:plain

香りがよくわからなかった。

味は2.と同じ。酸味が少し増えたような気がした。

オレにしたときの印象は同じ。

4.

少し冷めてから、フローラルな香りがした。

オレの印象は2.、3.と同じ。美味しい。

5.

フローラルの香り、かすかにラベンダーっぽい印象を受けた。

オレの印象は、2.~4.と変わらず。

感想

f:id:d_ymkw:20200412170452j:plain

ブレンドの豆全般に感じることなのだけど、ブラックで飲むには風味が安定しない。厳密には、淹れるたび豆の配分が変わってるからかなぁと思うのだけど。なお、オレにしたときは安定。

上手く淹れられるケースが2パターンあって、

『ブラックでは、フローラルで甘みのある香りがあって美味しいのだけど、オレにしたときにはまぁふつうに美味しいかな』というパターンと、

『ブラックでは、香りはほとんどしないし苦味も強めなのだけど、オレにすると甘みが引き立って美味しい』というパターン。

器具を揃えて抽出条件を調べ始めてから、ブレンドはどうにもコントロールできてる感じがしなくて苦手感がある。

*1:蒸らし後