MENU

十日戎めぐり ~福娘@今宮戎,大阪 と 福男@西宮戎,兵庫~

f:id:d_ymkw:20200110135312j:plain

去年はバタバタしていたら十日戎に行きそびれて、縁起物だけ後日買いに行くという悲しい思いをしたのだけど、その失敗をバネに、今年は今宮戎と西宮戎、2つの十日戎をめぐってきた。

今宮戎

f:id:d_ymkw:20200110135535j:plain
日本橋あたり(今宮戎より約1km前)から既に人の波…

f:id:d_ymkw:20200110135827j:plain

福笹配布所。

f:id:d_ymkw:20200110135837j:plain

次々に補充される福笹。このあとなるべく小さな福笹をもらった。

f:id:d_ymkw:20200110142212j:plain

縁起物選んで付けてもらう間、めっちゃ目を見て話しかけてくれるのでドキドキした。写真を撮らせて頂く際もめっちゃ気さくに対応していただけるしで、コミュ障にはマジやばかった。ヤバい。あまりにズバ抜けた接客能力の高さに、天使かと思った。

※ 福娘に選ばれると研修の際、そのあたりの対応について細かく指導が入るらしい(参考:福娘は恋愛禁止!?「ミス福娘」と十日えびすの研修に参加してみた

f:id:d_ymkw:20200110141409j:plain

EMT(エミリアたんマジ天使)ならぬ、HMT (福娘マジ天使)。

※ Re:ゼロ新編集版、2016年版以来、リゼロを改めて見てるのだけど今見ても変わらず面白い。異世界転生もので一番好きかもしらん…。

f:id:d_ymkw:20200110142222j:plain

何の気無しに隣を見たら、隣におられた福娘の方にも写真を撮らせていただきまして、なんかほんともう恐れ多かったですね。ヤバい(語彙力

撮影機材の検討

基本人混みの中で動けないので、標準レンズ(f=55mm)はかなり撮りづらかった。f=35mmの大口径向きかなと思った。なるべくパースは付けずに、背景は整理したい感。

とはいえ、f=50mmでも多少楽に撮れそうだし。f=35mmまでいかなくても、f=40mm( Batis 2/40CF40mmF1.4Art) あたりで良いかもしれない。

次点は、iPhone11の広角レンズでポートレート撮影かなぁと思ったけど、境内は複数の色温度が異なる光源が混在しているので、あとでホワイトバランスを調整できるようにRAW撮影したいところ。となると、RAW撮影できて、あとからポートレート処理を行えるPixel4か。

西宮戎

AM4:30起床、阪神電車で梅田駅から西宮駅へ。

てきとうに人の流れに沿って歩いたら参拝者列にたどり着けた。

f:id:d_ymkw:20200110144135j:plain
福男選び開始10分前。神社の入り口から溢れかえる人たち。

AM6:00ジャスト、大きな音(※たぶん開門の音)がして、『うぉぉぉおおおおおおおお!!!』という雄叫びが遠くから聞こえた。雄叫びを合図に、徐々に境内へと進む。

f:id:d_ymkw:20200110144316j:plain

近くにいた家族の会話から察するに、我々一般人枠が門にたどりつく頃には、例年、福男は決まっているらしい。

f:id:d_ymkw:20200110144446j:plain

なんだかよくわからない熱気にテンションを上げながら先へ先へと進む。

f:id:d_ymkw:20200110144916j:plain

たどりついた本殿は、入り口からして意味がわからないレベルで混んでいた。

f:id:d_ymkw:20200110145449j:plain

f:id:d_ymkw:20200110145458j:plain

各TV局の撮影スタッフがめっちゃ溢れていたり、

f:id:d_ymkw:20200110145010j:plain

福男の授与式が行われていた。

『福男の朝は早い。前日夜10時に行われるくじに参加するため、昨日の夕方から並び続けていたのである。』<朝じゃないやん!

なんていうナレーションが入るんだろう(妄想)。

f:id:d_ymkw:20200110150258j:plain

本殿の出口手前で、人混みをかき分け、マグロにお賽銭を貼り付けた。

f:id:d_ymkw:20200110150148j:plain

福笹を購入し、参拝証を頂く。

f:id:d_ymkw:20200110150448j:plain

「たいみくじ」なるおみくじがあったので購入。たいの置物が可愛かったので、手に入れたいという思いに抗えなかった。

f:id:d_ymkw:20200110150658j:plain

結果は、吉。「病:長引くがスッキリ治る」みたいな助言があった。ここでも今年は病にかかること前提だった(オペの予定は既に入ってはいるけど…、なぜ…

f:id:d_ymkw:20200110150859j:plain

夜明けとともに退散。

f:id:d_ymkw:20200110152926j:plain

台湾の夜市を彷彿させられるお祭り感が楽しかった。神社周辺はものっそい熱量に包まれており、文字通り浮世離れした夢のような時間だった。