双葉荘の友人

不気味なあらすじに加え、「サスペンス」に分類されていたので、ヒューマンホラー的な話かと思ったら…

めっちゃええ話やった。

中盤まで、主人公(市原隼人)のぐだぐだっぷりが腹立たしいのだけど、

精神的にめきめき成長していくとともに、物語の謎を解き明かしだして、ラストに向けて伏線がきれいに回収されて、見終わった後には清々しさが残る良い作品だった。

たしかに物語の核はサスペンスであるのだけど、ヒューマンドラマがメインで、切ないけれどほんわかした。

後半にかけて徐々に回収されていく伏線、そして、なにより最後の最後に、タイトルの意味するところが判明するのは、とても丁寧に物語が紡がれている感じがして、素敵な構成だなと感じた。