ルドルフとイッパイアッテナ

仔猫の冒険物語。次女にせがまれて2回見た。

登場するキャラクター(ネコや犬)が個性的でかけあいが面白かった。

また、子供と見ても安心なストーリーでありながら、大人が見てもハラハラするような緩急が付いていてラストまで楽しめた。ラストの展開は、じんわりくる良さがあった。というか、大人向けの作品なのかな、と思うような捻り方。

ラスト、主人公の仔猫が精神的にも大人になるのだけど…

表面的には悲しい結末を迎えるので、娘二人は悲しんでいた。長女は主人公がとった行動が理解できず、なぜ?を尋ねてきたので、こどもと仔猫のとった行動の意味を話すきっかけになって、それはそれで結果的に良かったとも思うのだけど、こどもたちには悲しい話として覚えられそうだなと(作品のテーマが伝わりづらい展開になんだかモヤモヤするものを感じた。)

大人的には、その辺りの展開もそうなる理由を察せられるだけに特段悲しいと思うこともなく、大きく成長した主人公の仔猫の姿にほっこりできるハッピーエンドでとても良かった。