インファナル・アフェア、ときどきライオンキング

ふと、ながら見してたのだけど、インファナル・アフェア、最高だった…。

ラストで、燦々と太陽が輝く青空のもとに無限地獄が広がる、絶望感となんとも言えない寂寞感がヤバい。

ラストに至るまでも『生き地獄だなぁ』という印象だったのだけど、ラストシーンが本当の無間地獄(のはじまり)だった。

・・・

その後、III(※三部作)まで視聴完。

主人公ラウが、生き地獄にハマっていく様が強烈だった…。Iのラストの時点でも、『うわぁ救いないな…』って感じだったのに、さらに深みに落ちていくだなんて…。

他の作品では味わったことのない独特の感情が湧いてくる傑作。

・・・

以下、微妙にネタバレ。

・・・

何が特異なのだろうかと考えてみたところ、悪役が身を滅ぼすまでを、悪役視点で描いている上に、悪役が

『善であろうとして葛藤するのだけど、業が深すぎて最後まで報われない』

という独特のストーリー構成が珍しいのだなぁと。 ライオンキングの悪役・スカーを眺めながら、ぼんやり思った。

スカーは、ラスト、それまでの報いを受けて息絶え、Circle of life (すべての生き物は等しく流転する流れ) に取り込まれるのに対し、

インファナル・アフェアの悪役(ラウ)は、ラスト、人の世から隔絶された永遠に終わることのない地獄に落とされる。

・・・

ライオンキングは、根底に『全てはcircle of lifeに取り込まれる』という生物の個体の善悪を超えた何かが感じられるのに対して、

インファナル・アフェアは、根底に『悪い事したら絶対許さない、絶対にだ』って考えが感じられた。

その考え方って、あまりに属人的というか容赦ねぇなって感じがするのだけど…。

もっともインファナル・アフェアは、こういうストーリーだからこそ、フィルム・ノワールとして傑作という気はする。