ミュージアム

ミュージアム

ミュージアム

主人公の小栗旬カッコいい!

で、いいじゃないか。

・・・

同じような猟奇殺人犯&似たようなストーリーの海外映画の『SEVEN』*1は、犯人が、しっかりと地に足ついた『サイコパスなら、実際にこういう性格・行動原理で動くだろうな』と思える猟奇殺人犯として描かれていたのに対し、

この作品の犯人は、とくに後半になるにつれて、『(サイコパスじゃない人がぼんやりと想像しそうな)想像上のサイコパス』という印象を受けて、作品自体にリアリティを感じなくなったというか、テンションが下がった。

とはいえ、犯人含め役者さんの演技は素晴らしく、前半はググッと惹きつけられるパワーがあって好き。

・・・

犯人の行動原理が一貫しているように見えないというか、芸術家を標榜しているのに、芸術家らしからぬツメの甘さが見受けられて、うーんという気分になったのだけど、

新装版 ミュージアム 完本(上) (ヤングマガジンコミックス)

新装版 ミュージアム 完本(上) (ヤングマガジンコミックス)

原作のマンガの方は賛否両論があるけれど評価が高そうなので、映画化にあたって何か端折られたのかもしれない。

*1:SEVENの方が古く、この「ミュージアム」という作品は『和製SEVEN』とも呼ばれているらしい。