dele

#1

#1

依頼人の死後に『PCやスマホのデータを抹消する』ことを生業とする主人公と、お人好しの所員が、図らずも依頼人の人生や秘密に触れることになって…

・・・

山田孝之と菅田将暉のダブル主演。

自称「ハッカーじゃない」プログラマの坂上圭司(山田孝之)と、つかみどころのない真柴祐太郎(菅田将暉)と、のやりとりが面白かった。

依頼人の人生に立ち入らず、仕事は仕事として処理しようとする圭司と、依頼人の遺した「思い」をできるだけかなえようと仕事の枠を越えて奔走する祐太郎とが、ときに反目しながらも徐々に分かり合うようになっていく様がとても素敵だった。

奇抜な舞台設定にかかわらず、1話1話丁寧に物語が紡がれており、全体を通してストーリーの完成度が高く、美しい、と表現したくなるほどだった。

続編がないことが悔やまれるくらい良かった。