我が家の熱帯魚が増えたので紹介する

f:id:d_ymkw:20190715230207j:plain

ある日、我が家に水槽が増えた。60Lのけっこう大きなやつ。

現在は、水槽台の上に載った状態で、廊下に配置されて、オブジェになってる。

家族で集まってながめてたりする時間がしあわせ。まぁ、しあわせなのはさておき、リビングでなく1畳足らずの空間に家族4人が集まっているのは傍から見れば滑稽ではある。

現在10匹くらいの熱帯魚が生息していて、どれも可愛いので紹介してみる。

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュ。スマートな振る舞いで、「ザ熱帯魚」という感じ。

ブラックでちょっと雰囲気が怖いので、個人的にインテリヤクザと命名。

f:id:d_ymkw:20190715230211j:plain

黄色が入っている個体は、なんか可愛らしい。

f:id:d_ymkw:20190715230216j:plain

目下のところ、日に日に黒い模様が増えているのが謎。インテリヤクザに対抗しているのだろうか。

サンセット・ドワーフグラミー

サンセット・ドワーフグラミー。「筋肉もりもり」って意味で「ドワーフ」って名前に付いてるのかと思ったら、「小さい(グラミー)」って意味っぽいと妻に教えてもらった。

だがしかし、とにかく筋肉バカ。間違いなく筋肉バカ。

24時間いつ見ても、他の魚を追いかけたり、エサを求めて泳ぎ回っている。他の魚のエサを横取りしたりと、イキリ具合がやばい。

きれいなオレンジではあるので、水槽内の賑やかし役担当。

f:id:d_ymkw:20190715230222j:plain

ただ、流木に巻き付けている水草*1を食べ散らかしたことは絶対許さない。

f:id:d_ymkw:20190715230253j:plain

オトシンクルス、コリドラス、アルジイーター

お掃除隊。

f:id:d_ymkw:20190715230231j:plain

写真左は、オトシンクルス。「オトシンクルス先生」、と呼びたくなる。それくらい賢い。

日夜、水槽の底や壁面など、各所の藻や苔(厳密には、それらを繁殖させる微生物?)を食べてるっぽい。1匹いるだけで水槽内がきれいになる。

写真右は、コリドラス。ドジョウみたいで愛嬌があって可愛いらしい。

底に落ちたエサ(食べかす)を回収してくれるので、水槽の底がクリーンに保たれる。

先生たちのおかげで水槽内の藻がなくなるので、とても尊い。

写真の背景に溶け込んでいるのだけど、アルジイーターとゴールデンアルジイーターがいた。*2

f:id:d_ymkw:20190715230236j:plain

流木や水草の裏に張り付いて休んでいることがある。

流木に張り付いている姿が、めっちゃキュート。

バルーンラミレジィ

バルーンラミレジィ。これまた熱帯魚、という感じの綺麗な模様で、小さく、可愛らしい。

ちょっとキツイ顔つきで、いつもプリプリしてる感じで性格悪そう(偏見

なんだか自分にはイシダイ(石鯛)に見える。食べれんよなぁ、さすがに。

先日まで白点病にかかっていたのだけど、無事復帰。

f:id:d_ymkw:20190715230247j:plain

*1:妻が準備したのだけど、水草を流木に定着させるためテグスで固定している。

*2:ちょっとした事故があり、アルジイーター3匹が天国に旅立ってしまった・・・。悲しい