$* nyme .^.^.0

なにかのmemoだったような気がするブログの残骸。ただひたすらに日々の雑記。

■やはり俺のビデオカードの選択はいろいろと間違えている

f:id:d_ymkw:20180215131408j:plain

GeForce GTX1060がいつまでたっても届かない*1ので、HDMI2.0 ポートが3つある最低価格のビデオカード(GTX1050)を注文し、届いたまでは良かったのだけど、

いろいろ考慮し忘れていたために、結果的に使えなかった。

同じあやまちを繰り返さないように、何を間違えたかメモとして残す。

補助電源に注意という話

このビデオカード、6ピン補助電源が必要な仕様になっていて、取り付け予定のPCを開いたら、追加の6ピン補助電源が無かった。

メーカー製PCだけあって、余分な電源コードがほぼない…。

まじかー。

『このケース、ドライバーレスでカードの取り外しできて、良く出来てるなぁ』とか。『あれ、このPC、メモリ1枚しか挿さってなかったのか』とか。とりとめもなく色々思ったのだけど、

GTX1050やのに補助電源いるんかい!*2

っていう衝撃。

ビデオカードに必要な補助電源ピンと、PCの電源仕様は買う前によく確認しようと思った。

カードのサイズに注意という話

いままで使っていた750Tiのカードに比べてやたら大きい。

『これ、ほんとにローエンドのGPUかよ…』って感じ。

今回はなんとか入るサイズだけれども、あやうくケース内に収まらないところだった。(ケース内の空気の流れを考えると、ギリギリ入るサイズというのは好ましいとは言い難い。)

と思いきや、補助電源はないけどダメ元で試しに取り付けてみようと思ったら、PCI-Eスロット付近のコネクタと干渉して取り付けられなかった。

ケースの寸法、PCI-Eスロット周りの構造と、ビデオカードの寸法は買う前に要確認…。

ビデオメモリ(VRAM)容量に注意という話

目当てのGTX1060が手に入らないなら、もう『HDMI2.0で4kモニタを複数つなぐ』という目的を達成できる一番安いやつでいいやと思って今回のカードを買ったのだけど、

これ、メモリが2GBしかないんよね。

『4kモニタを複数繋げたら、デスクトップ表示するだけでメモリが足りなくなるのでは…』

と思ったけど、冷静になって計算してみると、

4kモニタ1枚あたり最低限必要なVRAM容量はフルカラー表示の場合、3840x2160[pixel2] x32[bit/pixel2] / 8 で35MB程度

なので、まったく問題なさそう。*3

とはいえ、『VRAM 4GBのバージョンが千円ほどの違いで販売されていたので、そっち買っておけば安心だったんじゃないの…』という感はある。

VRAMは可能なだけ積んでおいたほうが安心

総括

ほんと慌てて買うと、ろくなことないなぁ…。

*1:未だ取寄中。3-4月に配達予定になってる。

*2:リファレンスデザインでは不要になってる。消費電力が上の750Tiで補助電源不要だったので、確実にいらないと思って確認してなかった…。

*3:Windows10では、たしか2D描画にもDirect3Dを用いるので、実際にはこれよりもうちょい使うはず。まぁGB単位で使うような話ではないはずなので、昨今のビデオカードならVRAM容量の問題はないと思われる。